健康は腸で作る!乳酸菌で腸を丈夫に

健康は腸で作る!乳酸菌で腸を丈夫に

ストレスによる腸内環境へのネガティブな影響

健康の為にはストレスが大切とよく強調されます。実際その通りですね。それが積み重なってしまっていると、やはり体はネガティブな状況に陥ってしまいます。
では具体的にはどのような状況かと言うと、例えば腸内環境の悪化ですね。

 

ストレスによって腸内環境が悪くなる流れ

 

021.jpg

そもそも人間の体を健やかに保てるか否かは、バランスによって決まることが多いです。何らかのバランスが狂ってしまっていると、それで体の調子が悪くなってしまう事がしばしばあるのですね。

 

例えば自律神経のバランスです。そのバランスが崩れてしまう理由には色々ありますが、それが前述のストレスなのです。

 

神経のバランスが崩れてしまえば、ちょっと腸内環境が悪くなってしまいます。正常な腸内環境の為には、大腸や小腸が運動をする必要があります。

 

ところがバランスが崩れてしまっている事で、その運動が悪くなってしまう事があるのです。それでお通じが悪くなってしまうという、負のスパイラルが発生してしまうのですね。お通じが悪くなれば、さらなる腸内環境の悪化も招きます

 

極力リラックスをして腸内環境の改善をする

024.jpg

ではどうすればストレスが少なくなるかと言うと、やはりリラックス状態が大切だと思います。なぜならリラックスをしている状況では、副交感神経が働いてくれるのだそうです。

 

それで腸内環境の改善が見込めるので、できるだけリラックスをしている状況を作り出すのが大切です。

 

現代人は、色々とストレスを抱えることも多いですね。特にパソコンを使っているお仕事の方々などは、ストレスを覚える事も多いと言われています。

 

ですので普段からパソコンを使ってお仕事をしているのであれば、ちょっとリラックスできる時間を増やすのは大事でしょう。

乳酸菌というものは、3月に需要が高まる傾向があるようです。インターネットでは、3月は乳酸菌というキーワードが検索される件数が非常に多くなるようですね。

 

なぜそのような件数になるかと言うと、察するに花粉症です。

 

花粉症の症状が緩和できる乳酸菌

 

乳酸菌は、お腹の中で生息している抗体に対して働きかけてくれるそうです。その抗体の働きを上手く制限してくれるので、アレルギー反応が起きづらくなるのですね

 

ちなみに花粉症は、もちろんアレルギーの1つです。ですのでちょっと花粉が飛びがちな3月の時期に、そのキーワードの検索件数が増えてくるのでしょう。現に乳酸菌のサプリメントを用いて、その症状が改善されたという事例もたまに見られます。

 

3月ではなく2月頃に乳酸菌を摂取する方が良い

 

ところで、私は個人的には3月は少し遅いと思います。個人的には2月がオススメです。
というのも乳酸菌による良い兆候が出てくるまでには、ちょっと時間がかかるのですね。

 

出典
乳酸菌で体質改善!免疫アップでインフルエンザ知らず

 

乳酸菌は、内科などから処方される薬とは違います。薬の場合は即効性があるのですが、乳酸菌の場合は即効は難しいですね
どれだけ早く見積もっても、やはり1週間程度は必要だと思います。ですがそれはあくまでも「最短」で1週間です。実際には1週間ではなく、1ヶ月や数ヶ月ほどかかる事が多いですね。

 

このため花粉症に対抗する為に乳酸菌の摂取を試みるならば、花粉が飛び始める1ヶ月くらい前が良いと思います。花粉が飛び始める春に備えて、ちょっと乳酸菌を仕込んでおくイメージですね

 

ただしサプリメントなどの場合は、比較的早い段階で効果を発揮してくれると言われています。しかしそれも個人差があり、1ヶ月ほどかかってしまう方もいらっしゃるのですね。やはり無難を期して2月などの時期から摂取する方が良いと私は思います。

続きを読む≫ 2015/03/25 16:49:25

腸内環境を整えるためには、情報が非常に大切だと考えます。正しい情報を知っているか否かで、環境が大きく変わってくるからです。効率の良さの為にも、正しい知識は知っておくべきだと思います。

 

ヨーグルトと胃酸に関する知識

 

例えば乳酸菌と胃の関係です。今でこそだいぶ有名になりましたが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、胃酸によって溶かされてしまうのが特徴ですね。そこで溶かされてしまうと、腸まで届かなくなってしまう事があるのです。せっかく多くのヨーグルトを摂取しても、腸まで届かないのではあまり意味が無いという意見もあります。
逆に胃に強いヨーグルトもあります。最適なヨーグルトを選ぶ意味でも、知識は大切でしょう。
ただし胃酸に溶かされてしまうヨーグルトが無意味という意味でもなく、溶かされた後に残る死骸は腸内で生息している善玉菌のエサになってくれると言われています。それで町内の善玉菌が活発になって、腸内環境が良くなってくれるでしょう。
このような情報を知っておく事は、とても大切だと思いますね。

 

乳酸菌入りのサプリメントに関する知識

 

またその菌類を含むサプリメントに関する知識も、案外大切だと思います。
サプリメントのメリットですが、アレルギーをお持ちの方でも飲めるタイプがあります。アレルギーを持っている方の場合は、そのサプリメントを用いれば乳酸菌を摂取できる訳です。しかしその知識を知らないと、牛乳アレルギーの方などは乳酸菌を摂取できなくなってしまうでしょう。
このように腸内環境を整えるためには、色々な知識を知っておくのは大事だと思いますね。幸いにも、現在はインターネットという非常に便利なツールがあります。それで腸内環境を整えてあげるための知識を色々と学ぶのは、重要だと思います。

続きを読む≫ 2015/03/13 03:50:13

乳酸菌を摂取するためには、ヨーグルトは良い方法だと思います。現にコンビニやスーパーなどでも、ヨーグルトは販売されていますね。とても美味しい製品が多いので、それで積極的に乳酸菌を摂取している方々も多いと思います。

 

アレルギーが有る方には難しいヨーグルト

 

しかしヨーグルトには、実は1つデメリットがあります。アレルギーですね。
人によっては牛乳アレルギーをお持ちの方もいらっしゃいます。そのアレルギーは少々厄介で、まず蕁麻疹が発生してしまう事例がしばしば見られます。それと呼吸困難になってしまう事例もありますし、下痢になってしまう方もいらっしゃるようですね。そのような症状を伴うとなると、さすがにヨーグルトは少々困難です。
しかし牛乳アレルギーの方でも、乳酸菌を摂取したいと考えている事も多々あるでしょう。ではアレルギーの方は乳酸菌の摂取は困難なのかというと、そうではありません。製品次第では、アレルギーの方でも乳酸菌を摂取できる事があるのです。

 

アレルギーをお持ちの方でも摂取できる乳酸菌が入っているサプリメント

 

乳酸菌を摂取する方法はヨーグルトだけではなく、サプリメントもあります。そのサプリメントの中には、牛乳アレルギーの方でも問題ないタイプがあるのです。
例えばあるサプリメントの場合は、アレルギーの原因になるアレルゲンが入っていないのだそうです。しかもそのサプリメント中には、乳酸菌の栄養分であるオリゴ糖も入っています。その製品であれば、牛乳アレルギーの方でも問題はありませんね。
ですのでアレルギーをお持ちの方は、上記のサプリメントをもちいるのも1つの方法です。しかもサプリメントは摂取をするのも楽ですね。ヨーグルトを毎日飲むのは大変ですが、サプリメントは続きやすいかと思います。継続しやすさという意味でも、サプリメントはオススメです。

続きを読む≫ 2015/03/13 03:49:13

腸内環境を良くする為には、食生活は非常に大事ではあります。その逆に、食べないのが良いという意見もあります。
ある方の話ですが、4日間何も食べない方法は腸内環境に良いのだそうです。つまり断食を試みる訳ですね。

 

断食で腸内環境の改善を試みる

 

そもそも人間のお腹の中は、食生活によってちょっと荒れている一面があります。現代人は、食事は豊富に摂取する事は可能ではあります。しかし往々にして過食になりがちなので、腸内環境が悪化してしまう事もあるのだそうです
そこで、断食を試みる訳ですね。断食を行うとなると、やはり最初の内は大変なのだそうです。今まで多く食べていたのに、それを中断するのは大きなストレスにもなるでしょう。
またそれを行うと、ちょっと色々な箇所が痛くなってしまう事もあります。頭や腰が痛くなってしまったり、吐き気を催してしまう事もあるようですね。ただそれは一時的な好転反応でもありますので、心配には及ばないという意見もあります。

 

断食の際に気をつけるべき点

 

そして断食では、腸内環境が良くなっている事例がしばしば見られるようです。ですのでそれを試してみるのも1つの方法なのですが、ちょっと注意するべき点もありますね。
まず1点目ですが、あまり長期間に渡って断食を行わない方が良いでしょう。長時間の断食は身体の色々な箇所に対してダメージを及ぼしてしまう事があるのです。
もう1つですが、リバウンドが発生してしまう事があります。断食が終わった後に食べ過ぎてしまって、腸内環境が悪化してしまう事もあります。それで入院してしまう方もいらっしゃるようですね。
つまり断食は腸内環境にはポジティブな効果は見込めますが、注意点もありますので、医師の監視の元でそれを行うのが良いと思います

続きを読む≫ 2015/03/13 03:48:13

日々の健康の為には、運動が大切と強調される事がよくあります。実際それは本当で、運動不足な状態は体に対して色々とネガティブな影響があるのです。腸内環境もその1つですね。なぜなら腸内環境を良くする為に必要な、腸の運動が上手く行かなくなってしまうからです

 

ぜん動運動の為に必要な腹筋と運動不足

 

腸の運動というのは、いわゆるぜん動運動です。体の消化などに対するとても重要な運動なのですが、それは腹筋に左右される一面があるのです。その筋肉が正常通りに動いてくれていれば問題なくぜん動運動ができるのですが、状況次第ではそれが弱まってしまっている事があるのです。それが前述の運動不足なのですね。
ぜん動運動の動きがちょっと弱くなってしまっていると、便秘などが起こりやすくなってしまいます。お通じが悪くなってしまえば腸内環境も悪化してしまい、色々とネガティブな症状が発生してしまう訳ですね。
ですのであまりお腹の調子が良くない時などは、ちょっと運動不足を疑ってみるのも良いでしょう。

 

腸内環境の為には激しい運動は禁物

 

ただし運動にも、色々な種類があります。基本的には、あまり激しい運動を行わない方が良いですね。激しい運動の場合、交感神経が活発になってしまうのです。すると腸がスムーズに働かなくなってしまいますので、逆効果なのですね。
逆にそれほど激しくない運動は、大いにポジティブな効果が見込めます。例えばウォーキングなどは悪くないですね。有酸素運動になりますので、腸内環境も良くなってくれるでしょう
また腹筋も悪くはありません。ただしそれも余り激しく行ってしまいますと、むしろ腸内環境を悪化してしまう可能性があります。激しい腹筋と言うより、少し軽めに鍛えてあげると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/13 03:47:13
ホーム RSS購読 サイトマップ